2015年07月03日

お茶碗洗い

女性の自立の時代である

単純な肉体労働作業は仕事として成立しなくなった

ダンプカーもショベルカーも女性オペレーター男性に混じって運転している時代である

家の外では男の仕事と女の仕事にボーダーが無くなったが

家事は?

我が家の話だが、断然奥様のウェイトが大きい

少しずつ少しずつ僕のウェイトを大きくしていこうと思いタイミングが合う時はお茶碗を洗っている

なぜするのか?良い人と思われたいのか?

いや、妻と共有する時間を多くとりたいからだ

男が家事をするのが大事なのでは無く二人の時間が大切なのだ

そのことにより大切な夫婦の時間を大きくしたいからだ

毎日の少しの時間が将来大きな時間を作ってくれる

少しづつ家事の腕を上げていくつもりです。










posted by ジョン at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記