2020年02月21日

おまけの保険について

image-a2c67.jpg
全日空のマイレージクラブから案内が届いた

安心の保険をプレゼントだって

追加で幾らか支払うと更に充実した安心が手に入るって

お得感満載だ

でも保険って請求しないともらえないんで

あちこち入ると覚えてられないんで

僕は保険のジョンの竹ちゃんにまとめてます

なんかあったら竹ちゃんに連絡するだけでよろしくやってくれるから安心です

マイレージクラブも余計なことしないでマイルの返還率あげてくれるといいな
posted by ジョン at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 保険周辺

2019年05月17日

ドライブレコーダーの役割


事故原因について双方で争いがある場合
例えば信号無視をしてきた車との接触事故で相手が自分と異なる証言をしたとしても映像に信号機の色が記録されていれば過失の有無は一目瞭然です。

またどちらかが死亡してしまった場合は、残った一方側からしか証言がとれず警察が作成する調書には間違った情報が記載される可能性すらあります。最近の事故では人身事故の場合、ドライブレコーダーがついていると警察は証拠として映像を持っていきます。映像をもとに状況を正確に検証されればトラブルも最小限に抑えられ示談や裁判でも無駄な争いが避けられます。特に過失割合が問題となる事故では客観的な証拠が少ないことがほとんどです。示談や裁判の際、助けになるので是非導入をオススメします。

ここで問題になるのがドライブレコーダーの性能です。

映像は静止画の連続です。安い価格のドライブレコーダーは秒あたりの静止画のコマ数が少なく車の位置と信号機の色がはっきり写っていないケースがあるようです。

保険会社では特約保険料の支払いで信頼性の高いドライブレコーダーを必要な期間貸与してくれます。試しにつけてみることも可能です。気になる方はお気軽にご相談下さい。

posted by ジョン at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 保険周辺

被害事故、建築現場から鉄棒が落下

2019年5月16日午後、東京都品川区JR五反田駅前のビル建築現場から長さ40cm重さ730gの鉄棒が路上を歩いていた女性の頭に落ちた。

こんな事故があった

加害者側の建設会社は保険に加入して被害者に対して賠償金を支払うと予想されるが、被害者の女性はどのような対応をするのだろうか

この女性が保険のジョンを信頼して日頃からいろいろ相談してくださる方だったら

傷害保険の請求に合わせて弁護士費用等補償特約を活用して弁護士を紹介し賠償金で損をしないようにお手伝いするだろう。

先日も交通事故の被害者で相手保険会社からの示談提示額が85万円だった方が弁護士に交渉を手伝ってもらうことにより110万円になった方がいた。

被害にあった女性が一日も早く日常生活にもどり、建設会社も二度とこのような事故を起こさないようにすることを心から祈ります。
posted by ジョン at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 保険周辺